ウクレレ一口memo.第一回

ローGとハイG!!

ローGはメロディー弾きやアルペジオ弾きに向いています。

ハイGはバッキング向きと言えるでしょう。

ハイGの良さは例えばCコードの場合

ダウンストロークは、(ハイ)G→C→E→ハイCの順に高い音から始まり高い音で終り、

アップストロークはハイC→E→C→(ハイ)Gと高い音から鳴り高い音で終ります。

どちらも高い音から始まる事でUke(ノミ)がlele(跳ねる)の

本来の意味のリズム感を表現出来ます。

※ローGの場合は低いG音から始まるので若干リズムがボケる(暗い)

感じがします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。